• ねずみ屋根裏は危険です

    屋根裏からねずみの足音が聞こえたきたら、それはねずみ屋根裏化している可能性があります。
    いることは分かっていてもできれば対面したくないねずみですが、ねずみ屋根裏を放置しておくと短期間で繁殖してしまいますし、人体に害が及ぶ可能性も出てきます。

    ねずみは様々な病原菌を媒介する害獣として有名ですので、たとえ家の中の食糧が荒らされるなど目に見える被害がなくても、早急に出て行ってもらうよう対策をとるべきです。

    このサイトで屋根裏のねずみを知りたい方必見の情報を集めました。

    警戒心の強いねずみは昼間は屋根裏から出てきませんが、夜になると活発に活動し、部屋で寝ている人間に噛みつくことがあります。
    その時に出来る傷から菌が入り、鼠咬症という病気に罹ったり、アナフィラキシーショックを起こしてしまうことがあります。

    またねずみの排泄物には悪臭による被害だけでなく、深刻な病気の原因となる病原菌が含まれています。



    食中毒で有名なサルモネラ菌や、日本でも増加しているE型肝炎、致死率の高いハンタウイルスなどが主なものですが、屋根裏にねずみがいるということは、これらの病原菌が部屋の中を舞っている可能性があるということなのです。
    排泄物だけでなく、ねずみ自身もノミやダニなど寄生虫の宿主にもなります。



    特にツツガムシというダニに刺されると、ツツガムシ病という高熱を伴う病気に罹ることがありますし、ケオプスネズミノミというノミによって、ペストを発症する恐れもあるので、注意が必要です。


    ねずみの歯は伸び続けますので、歯を研ぐために常に何かをかじる習性がありますが、その為に家が損傷被害にあうこともあります。家の壁や柱、家財をかじってしまうだけでなく、ガス管や配線ケーブルなどをかじってしまうこともあり、故障を引き起こしたり、最悪の場合火災が起こることもあります。


    大切な家と家族の健康をねずみに壊されてしまわない為にも、ねずみ屋根裏は早急に正常化することが最善です。